[Sponsored By 株式会社ビズキ]

【愛用者満足度97.1%】デリケートゾーンやバストトップなど全身のくすみをこの1本でセルフホワイトニング!

デリケートゾーンやバストトップの
くすみが気になって自信が持てない…

いつの間にかできてしまった体のくすみ。
どうしてこんなにくすんでしまったんだろう、、?

美白ケアというと顔ばかりに集中しがちですが、

ヒジ、ヒザ、ワキ、バストトップ、お尻、デリケートゾーン…と、くすみの悩みって全身にあったりしますよね。

むしろ、顔以外の方がまわりに相談しにくい分、悩みが深刻だったりしませんか?

実は私も、少し前から全身脱毛を考えているのですが、自分の体のくすみが濃い気がして踏み切れずにいます。

前から「黒いかも…」とは思っていたのですが、ケア方法もわからず放置していました。でも、いざこのくすみが人に見られるのかと思うと不安になってしまって…

今からでも何か解決策はないものかと調べていたところ、

雑誌に出ていた”体のくすみスポットをこっそりホワイトニングできるケアクリーム”を発見したんです。

気になる体のくすみスポットをまるごとケア!

私は、自分はくすみやすい方だと思っていたのですが、実は

下着による摩擦

乾燥

ムダ毛ケア刺激

紫外線ダメージ

など、常にダメージを受けやすい環境にさらされているので、体のくすみ自体ができやすいものだったんです。

しかもそのままお手入れせずにいるとダメージが進んで、くすむ一方。。

そして、肌の乾燥によって蓄積した古い角質は

根深いくすみとして定着していってしまうんだそうです。

そんな気になるくすみスポットを、たっぷりの美白&保湿成分でこっそりスピーディに明るくできるのが『ハーバルラビット』という医薬部外品のクリームです。

ハーバルラビットは、体がくすむメカニズムを徹底研究して生まれたクリームだそうで、全身のくすみスポットをスピーディに美白してくれる効果があるんです◎

私も見つけたその日に購入してみました!

ポストに届くタイプだったので、直接受け取り不要ですぐに試すことができましたし、くすみケア商品だってことも外から分からないようになっていました。

こちらが購入した
『ハーバルラビット』です!

まず見た目が全くくすみケア用品に見えないところが素敵TT☆

自分がコンプレックスに思ってることってバレたくないですもんね。。そして、一番重要な結果からお伝えすると…

このクリーム、
本当にスゴイです!

私と同じく悩んでいる人にぜひ知ってほしいので、使用感レポートしてみたので参考にしてみてください。

くすんだ部分がだんだんキレイに!

なぜハーバルラビットを塗るだけでくすみが?と思いますよね。

先ほど、さまざまな外部刺激によってくすみができてしまうとお伝えしましたが、

ハーバルラビットには、くすみの正体である”メラニン色素”の生成を抑制してくれる、水溶性プラセンタエキスが配合されているんです。

また、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどの保湿成分もたっぷり配合されているので、しっかり潤いを与えて外部刺激からも守ってくれるんです!

くすみがキレイになって…またくすんでしまったら意味がないですもんね…!

テクスチャは伸びやすくて、使用感はみずみずしく内側から潤う感じがあるのにベタつかないので、下着をすぐに着用しても不快感がないのも嬉しいポイントでした◎

高いだろうと覚悟していたら意外な価格に驚き!

あと気になるのは値段ですよね!

いくら良くても高すぎると…有効成分や保湿成分が配合された医薬部外品ということで、高いんだろうと覚悟していたんですが…

サイトに行って拍子抜けしました!

40%OFFのキャンペーンをやっていて、
4,250円で購入できてしまいます!

しかも送料もかかりません♡

毎日使うケア用品に、商品代金以外かからないって嬉しいですよね◎

今すぐ注文をする

【4/19追加更新】ハーバルラビットが複数の雑誌やメディアに取り上げられていました

SNSで話題になっていることもあってか雑誌でもよく見かけるようになったり、ネット記事などでも取り上げられ始めています。


引用:キレイスタイル

ちなみに公式サイト以外での取り扱いは、転売品で品質の保証はないそうなので気をつけてくださいね…!

どこから発送されるか分からない不正転売品より公式で買うのが安いし安全です◎

▼ハーバルラビット公式はコチラ▼

https://store.bizki.jp/shopping/lp.php?p=a_g_delicate

今すぐ注文をする


在庫がなくなり次第、
キャンペーンは終了となりますので
今すぐクーポンをGETしよう!!

今すぐ注文をする

内容の無断転載は禁止です。無断転載による著作権、肖像権侵害があった場合、Googleへのデジタルミレニアム著作権法の申請、及び、損害賠償請求を致します。